クリアネオ 副作用

クリアネオの副作用は大丈夫?

 

デオドラント製品は直接肌につけるものなので、効果がでなかったり、逆に成分が強すぎて肌が負けてしまったりするのではないかと心配する方は多いようです。

 

クリアネオは、「天然成分を中心にこだわって作っている」とはいっても、直接効果を発揮する成分は本当はとても強く、副作用があるのではないか、という方もおられます。お金と時間をかけて使うものなので、リスクは少ないほうが(もちろんないほうが)いいですよね。

 

ここではクリアネオの副作用についてご紹介します。

 

 

クリアネオの成分

 

一般的に、どの製品にも配合されている原材料の全成分の表示があります。

 

クリアネオで使用されているデオドラント効果が期待できる成分には、「パラフェノールスルホン酸亜鉛」と「イソプロピルメチルフェノール」というものがあります。これはそれぞれ、制汗成分と抗菌・殺菌成分です。「パラフェノールスルホン酸亜鉛」は比較的低刺激のため、制汗剤の多くに配合されている成分です。

 

また、「イソプロピルメチルフェノール」は、しっかりと基準の配合量を守って配合されており、保湿効果もあるので敏感肌や乾燥肌にも使うことができます。

 

ほかにも天然由来の成分が多く、柿渋エキスなど他社製品でも効果のある成分として有名な成分が多く含まれています。無添加無香料で、小さなお子さんから使える製品なので、安心ですね。

 

 

副作用が出ないことは実証済み!

 

クリアネオは、ただ「副作用がありません」と言っているだけではありません。第三者機関を通じて、各種検査やテストを実施しています。また、さまざまなメディアで取り上げられ、良い評価を獲得しているという実績もあります。

 

新たに商品を購入するのであれば、実証されている製品であれば安心だといえますね。